試すことも重要

機材

ラジオ番組のbgmはその番組の雰囲気に合うものを選択したほうがよいでしょう。番組のテイストとbgmに大きな差が生じてしまうと、雰囲気が台無しになってしまうこともあります。またトーク番組の場合にはそのトーク部分を邪魔するようなものであるとリスナーも聞き取りにくくなってしまう、という可能性があります。ラジオ番組は無音の状態が何秒間か続くと放送事故ということになってしまうので、bgmがあれば放送事故を防ぐことができる、というメリットはあります。しかし邪魔をするような音楽、トークが聞き取りにくくなってしまうような音楽にするのは避けるべきと言えるでしょう。

雰囲気の確認

音符

どんなラジオ番組なのか、ということもbgm選択には重要になってきます。雰囲気を確認した上で選択をする、ということも重要になってきます。最近ではオンラインでもラジオを聴くことができるようになっており、はっきりと聞き取ることも出来るようになっています。ですからbgmは邪魔をするものであってはいけません。どんな雰囲気の番組なのかということを考慮した上でbgmを決めておくべきと言えるでしょう。いくつかの選択肢があるとよいかもしれません。

コストを考えよう

機材

ラジオ番組を持っている人がアーティストの場合には、自分で持っている曲をbgmとして利用をする、ということも多いようです。そのほうがコストを削減することができるというメリットがあります。全く違う曲を使う場合には、著作権なども関わってきてしまうので、費用が掛かる可能性があります。無断で利用をすることは基本的にはできないことになっているので、コストを出来るだけ抑えるということを考えた場合には、自分の曲を利用するべきでしょう。